全身脱毛実際の時間は?医療脱毛とエステ脱毛の違い・各部位の施術時間を徹底解説!

全身脱毛の時間ってどれくらい?医療とエステの持続効果や料金・部位別の施術時間の違いを徹底紹介

「全身脱毛って、どれくらいの時間がかかるの?」そんな疑問をお持ちのあなたへ、2023年の最新情報をもとに、医療とエステの違いをわかりやすくお伝えします。

効果や痛み、料金、そして施術時間の違いを中心に、東京や全国のおすすめサロン情報も一緒にご紹介。

日焼け後のケアや、施術時の感じる痛み、料金の詳細など、実際の体験談と公式情報を照らし合わせて、あなたの脱毛ライフをサポートします。安心して、きれいな肌を目指しましょう♡

医療脱毛とエステ脱毛の基本的な違いとは?

脱毛を検討する際、多くの方が「医療脱毛」と「エステ脱毛」の選択に迷います。

2023年現在、これらの脱毛方法は日本の東京や横浜、渋谷などの都市部を中心に多くのクリニックやエステサロンで提供されています。

しかし、これらの脱毛方法には大きな違いがあります。本記事では、その基本的な違いを詳しく紹介します。

1. 施術の実施者

医療脱毛

医療脱毛は、医師や看護師が行う医療行為としての脱毛です。特に、強い照射が必要な場合や、注射を伴う治療が行われることもあります。

また、医師の常駐する医療機関や外科での施術が主となります。

エステ脱毛

エステ脱毛は、エステティシャンが行う脱毛です。医療行為ではないため、医師の監修のもとでの施術は行われません。

2. 使用する機器の違い

医療脱毛

医療脱毛では、医療機関で使用される高出力のレーザー機器を使用します。このため、照射の強さや効果が高いとされています。

エステ脱毛

エステ脱毛では、出力が弱いレーザー機器や光脱毛機を使用します。医療脱毛に比べて痛みが少ないと感じる方が多いです。

3. 料金の違い

医療脱毛

医療脱毛は、その効果の高さから料金が高く設定されていることが多いです。

しかし、施術回数が少なくて済むため、トータルの料金は思ったよりも高くない場合もあります。

エステ脱毛  

エステ脱毛は、初回の料金が安いことが多く、またキャンペーンを利用することでさらに安く施術を受けることができます。

しかし、施術回数が多くなることもあるため、トータルの料金を考慮することが大切です。

4. 施術の効果と期間

医療脱毛 

医療脱毛は、一度の施術での効果が高いとされています。そのため、施術の回数が少なく、短期間での完了が期待できます。

エステ脱毛    

エステ脱毛は、施術の回数が多くなることが一般的です。しかし、痛みが少ないため、継続して施術を受けることが容易です。

全身脱毛の平均的な所要時間!部位別の施術時間を徹底紹介

全身脱毛を検討する際、多くの方が気になるのが施術にかかる時間です。

2023年現在、全国の店舗で提供されている全身脱毛の平均的な所要時間や部位別の施術時間について、本記事で詳しく紹介します。

1. 全身脱毛の平均的な所要時間

全身脱毛の施術時間は、使用する機器の種類や店舗、地域(例:東京、横浜、渋谷、銀座、広島、沖縄など)によって異なります。

しかし、平均的には約120分〜150分を要することが多いです。特に、医療脱毛の場合、照射の強さや医師の監修のもとでの施術が行われるため、所要時間が長くなることもあります。

2. 部位別の施術時間

上半身

上半身の脱毛には、平均的に40分程度を要します。特に、背中や腕の部分は照射範囲が広いため、時間がかかることが多いです。

下半身

下半身の脱毛には、平均的に60分程度が必要です。特に、脚や太ももの部分は照射範囲が大きく、時間がかかることが一般的です。

顔やVIO

顔やVIOの脱毛は、照射範囲が狭いため、平均的に20分程度で完了します。

全身脱毛を行う際、部位によって施術時間が異なります。以下に、主な部位ごとの平均的な施術時間を詳しく紹介します。

額・こめかみ:約5分

頬・あご:約10分

鼻下・口周り:約5分

顔全体での施術時間は、平均的に20分程度となります。

上半身

背中(上部・下部):約15分

腕(上腕・前腕):約10分

脇の下:約5分

胸・乳頭周り:約10分

お腹:約10分

上半身全体での施術時間は、平均的に50分程度となります。

下半身

太もも(表・裏):約15分

ふくらはぎ:約10分

VIO:約15分

お尻:約10分

下半身全体での施術時間は、平均的に50分程度となります。

その他の部位

指・手の甲:約5分

足の指・足の甲:約5分

施術時間は、使用する機器や照射の強さ、また施術を行うスタッフの経験や技術によっても異なることがあります。

そのため、上記の時間はあくまで平均的なものとして参考にしてください

3. 施術の料金について

全身脱毛の料金は、店舗や地域、使用する機器の種類によって大きく異なります。一般的に、医療脱毛はその効果の高さから料金が高く設定されていることが多いです。

一方、エステ脱毛は初回の料金が安いことが多く、またキャンペーンを利用することでさらに安く施術を受けることができます。

具体的な料金や追加料金については、各店舗の公式サイトや料金表を参照することをおすすめします。

料金相場を徹底解説!医療脱毛とエステ脱毛のコスパ比較

脱毛を検討する際、多くの方が気になるのが「料金」です。特に、医療脱毛とエステ脱毛の違いや、それぞれのコスパを知りたいと思っている方は多いでしょう。

近年、医療脱毛のキャンペーンが増加し、エステ脱毛と比較しても非常に手頃な価格で提供されるようになってきました。

今回は、この新しい動向を踏まえて、医療脱毛とエステ脱毛の料金相場を徹底的に解説します。

1. 医療脱毛の特徴と料金相場

特徴:医療脱毛は、医師や看護師が行う治療の一環として提供される脱毛方法です。照射するレーザーの出力が強いため、効果が高く、短期間での完了が期待できます。

しかし、その分、痛みを感じることが多いと言われています。

料金相場:全国のクリニックや医療機関での料金は異なりますが、最近のキャンペーン増加により、エステ脱毛と変わらない、あるいはそれ以下の料金での提供が増えてきました。

特に都心部の店舗、例えば渋谷や銀座のクリニックでは、定期的なキャンペーンを実施しており、非常にお得に施術を受けることができます。

2. エステ脱毛の特徴と料金相場

特徴:エステ脱毛は、エステティックサロンで提供される脱毛方法です。医療脱毛に比べて照射の強さは弱いため、痛みを感じにくいのが特徴

しかし、その分、施術回数が多くなることが一般的です。

料金相場:エステ脱毛の料金は、店舗やプランによって大きく異なります。一般的には、月額制や回数制の料金プランが提供されており、数千円から数万円程度。

キャンペーン期間中や初回限定での特別料金が設定されている場合も多いです。

3. コスパの比較

医療脱毛は、短期間での効果を実感できる反面、以前は1回あたりの料金が高い傾向にありました。

しかし、最近のキャンペーン増加により、エステ脱毛と同等、またはそれ以下の料金での提供が増えてきています。

どちらがコスパが良いかは、自分の予算や目的、通いやすい場所など、様々な要因を考慮して判断する必要があります。

最後に、脱毛を検討する際は、公式サイトや店舗での相談を活用して、詳細な料金情報や施術内容を確認することをおすすめします。

自分に合った脱毛方法を選ぶことで、満足のいく結果を得られるでしょう。

医療脱毛とエステ脱毛持続効果の違いを実際に比較!

脱毛を検討する際、料金や痛みだけでなく、その「持続効果」も非常に重要なポイントとなります。

特に、医療脱毛とエステ脱毛の間で、どちらの持続効果が高いのか、多くの方が気になるところでしょう。

今回は、この疑問を解消するために、医療脱毛とエステ脱毛の持続効果の違いを徹底的に紹介します。

1. 医療脱毛の持続効果

特徴:医療脱毛は、医師や看護師が行う治療の一環として提供される脱毛方法です。

使用されるレーザーの出力が強く、毛根に直接照射されるため、一度の治療での効果が非常に高いと言われています。

持続性:医療脱毛の最大の特徴は、その持続効果の高さです。正確な照射と高い出力のレーザーにより、毛の再生を長期間抑えることが可能です。

しかし、完全に毛が生えなくなるわけではなく、定期的なメンテナンスが必要となる場合もあります。

2. エステ脱毛の持続効果

特徴:エステ脱毛は、エステティックサロンで提供される脱毛方法です。使用される機器の出力は医療脱毛に比べて低めで、痛みを感じにくいのが特徴です。

持続性:エステ脱毛の持続効果は、施術回数や使用する機器の種類によって異なります。一般的には、数回の施術を受けることで、毛の量が減少し、肌が滑らかになります。

しかし、完全に毛が生えなくなるまでの期間は、医療脱毛に比べて長くなることが多いです。

3. 実際の持続効果の比較

医療脱毛とエステ脱毛、どちらの持続効果が高いのかは、受ける施術の内容や個人の体質によって異なります。しかし、一般的には、医療脱毛の方が持続効果が高いと言われています。

特に、全国的に有名な湘南美容外科や銀座のクリニックなど、大手の医療機関では、最新の機器を導入しており、その効果は非常に高いと評価されています。

初めての全身脱毛に不安を感じるあなたへ♪痛みと痛くない処理方法を紹介

全身脱毛を始める際、多くの方が抱く不安の一つが「痛み」です。特に初めての脱毛は、どれだけ痛いのか、どれくらいの時間がかかるのか、不安が多いことでしょう。

この記事では、そんなあなたの不安を少しでも和らげるために、脱毛時の痛みと、それを軽減する処理方法について徹底的に紹介します。

脱毛と痛みの関係性

脱毛と言えば「痛み」がついて回ります。特に医療脱毛では、強い照射が行われるため、その痛みは避けて通れません。

しかし、その痛みには個人差があり、感じ方は人それぞれ。一体どの程度の痛みがあるのでしょうか?そして、なぜ痛みを感じるのでしょうか?

痛みを感じやすい部位とその理由

脱毛を行う際、部位によって痛みの感じ方が異なることはよく知られています。以下は、特に痛みを感じやすい部位とその理由です。

1. VIO(ビキニライン)や乳輪周辺

これらの部位は皮膚が薄く、また神経が集中しているため、痛みを強く感じることが一般的です。

2. 顔やうなじ 

顔やうなじは皮膚がデリケートであり、また骨が近いため、照射時の痛みを強く感じることがあります。

3. 膝や足の甲

これらの部位は骨が表面に近いため、照射時の振動が骨に伝わりやすく、痛みとして感じることが多いです。

痛みを感じる原因としては、レーザー照射時に毛根のメラニン色素が熱を持ち、その熱が周囲の組織に伝わることで痛みが生じます。

また、皮膚の薄い部位や神経が集中している部位は、この熱を強く感じるため、痛みが強くなることが一般的です。

痛みを軽減する方法

痛みを感じるのは避けられませんが、以下の方法で痛みを軽減することが可能です。

1. 冷却ジェルの使用  

施術前に冷却ジェルを塗布することで、皮膚を冷やし、照射時の痛みを和らげることができます。

2. 鎮痛クリームの使用  

施術前に鎮痛クリームを塗布することで、皮膚の感受性を一時的に下げ、痛みを軽減することができます。

3. 施術機器の調整 

痛みを強く感じる場合、施術機器の出力を調整してもらうことで、痛みを和らげることが可能です。

4. 深呼吸やリラックス

緊張すると痛みを強く感じることがあるため、施術中は深呼吸をするなどしてリラックスすることがおすすめです。

5. 施術後の冷却

施術後に冷やすことで、痛みや腫れを軽減することができます。

痛みを感じることは脱毛の際の避けられない部分ですが、上記の方法を取り入れることで、より快適に脱毛を受けることができます。

痛みに対する不安や疑問がある場合は、施術を行うクリニックやエステサロンのスタッフに相談することをおすすめします。